仮想通貨アルトコイン!分かりやすくご紹介します

アルトコインとはビットコイン以外の全ての仮想通貨の総称です。ビットコインをもっと便利に使えるようにしたというスタンスで開発されました。これから、もっともっと投資に期待できるアルトコインについて分かりやすくご紹介します。 ・アルトコインの誕生? 2017年特に台頭したと言われるビットコインですが、使用されているのは公開鍵暗号方式、ハッシュ関数、P2Pネットワーク、ブロックチェーン、プルーフオブワーク、ウォレットの6種類の技術です。仮想通貨は円やドルのように国などの機関が保証する価値を持たず、取引所で売買する人たちの間だけで通貨のような価値があるのですが、この曖昧なところを6種類の技術が後ろ盾しているのです。ビットコインを形作る技術はオープンコードで誰でも閲覧が可能です。このコードを基にさらなる開発を加えたのがアルトコインになります。 ・アルトコインは今後どうなるか? 発行量の差としては完全にビットコインに負けてしまうアルトコインですが、発行される種類は少なくありません。それでも、変動率が高くせっかく発行されてもすぐに消滅してしまう場合もあり安定しないのです。それでも、短期間で価値がバーンと上がる種類もありますので今後のビットコインのように知れ渡り取引される可能性は高いです。 ・アルトコインの取引所 アルトコインを利用するためにはビットコインと同じく取引所を介さなければなりませんが、選択したコインが取引所で使用できなかったり、取引の量が少ない場合があるので注意が必要です。ビットコイン取引の場合と同様に取引所の登録はネット上で、ログインして個人情報や銀行口座を登録すれば簡単に行えます。アルトコインの取り扱いの量が多く種類も豊富で手数料も安く設定されているZaifは日本の取引所としてはおすすめできます。 ・注目のアルトコイン アルトコインは2000種類以上あると言われていますが、その中で注目されているものを3つご紹介します。一つ目は次世代仮想通貨のリップルです。構築するネットワークの手数料の安さと送金の速さが魅力になっています。二つ目は安全性が高いと言われるイーサムです。手数料は意外に安くマイクロソフトなどが投資していることで信用が高まり評判を得ました。三つ目は取引速度がより速いと言われるリスクです。価格に将来性があり今後の伸び方に注目が集まっていて投資が活発になる可能性は高いと言えます。 ・まとめ アルトコインについてコンパクトにまとめて解説しました。仮想通貨の取引にチャレンジしてみようと思ったら、アルトコインも視野に入れて見ると投資家としての将来性も倍増するに違いありません。